ペットクリニック&無麻酔歯石除去

無麻酔歯石除去に関するよくあるご質問と回答

家でハミガキが出来ません。歯石取りは出来ますか?
お家でハミガキが出来ていないワンちゃんは「お口に触られる事に慣れていない」「歯肉炎がひどくて痛い」等の理由で嫌がり、出来ない場合があります。そういう点では普段からハミガキしているワンちゃんの方が歯石除去出来る可能性は高いですが、無麻酔の処置ですので当日のワンちゃんの機嫌次第といえます。
何か月に1回くらい歯石取りをすればよいですか?
歯石の付く早さに個体差があるので、ワンちゃんにより異なりますが、最初の処置をしてから、だいたい3か月後の再診をお勧めしています。その時の付き具合で次の処置の目安をお知らせしています。毎月トリミングと一緒にポリッシングのケアに通われる方も多いです。
持病がありますが、歯石除去は出来ますか?
往診店舗ではお断りさせて頂いています。CARE+CURE所沢店、CARE+CUREひばりヶ丘店の2店舗では病気の種類・その時のワンちゃんの状態によってはお受けできる場合もありますので、ご相談ください。
麻酔をかけて歯石取りをしたことがあります。しかし、もう高齢なので、麻酔をかけられないとかかりつけの先生に言われました。無麻酔なら安心なのでそちらでお願いしようと思っていますが、何歳でも出来ますか?
14歳以上(新規は原則として10歳以上)のワンちゃんはお断りさせていただいています。 持病がある方も(内服中も)病状を悪化させてしまう可能性があるためお受けできません。
シーズーを飼っています。短頭種は出来ないと聞きましたが、うちの子は本当に大人しいのでやって頂けませんか?
短頭種、日本犬種など基本的にはお断りさせて頂いていますが、どうしてもチャレンジしたい!という方はCARE+CURE所沢店、CARE+CUREひばりヶ丘店の2店舗に在中している獣医師にご相談ください。往診店舗では受け付けておりません。
かかりつけの獣医さんに「麻酔をかけて歯石除去したほうがいい」と言われました。でも、麻酔は怖いので出来れば麻酔をかけずにやって欲しいのですが、やっぱり麻酔をかけないとダメですか?
麻酔をかけた方が隅々まで除去できますし、抜歯も可能です。歯周病の治療として、かかりつけの先生に麻酔下での処置を勧められたのなら、麻酔下での処置を推奨します。 ただし、高齢や持病がある等の理由でがある等の理由で麻酔がかけられないワンちゃんや軽度の歯周病の場合は無麻酔で出来る範囲での歯石除去でも良いかと思います。このようにワンちゃんのお口や全身状態によりますので、まずはご相談下さい。
病院も往診店舗もとても遠く、なかなか行かれません。一回で全部キレイに歯石を取ってもらえますか?
初めての場合、クリニックでは片側のみの処置となっています。これは、ワンちゃんの負担を考え、無理をしないようにするためです。ワンちゃん達がじっと我慢していられる時間は20~30分が限界です。この限られた時間内での処置となりますので、歯石が多く付着している場合は、1度では除去しきれず、2回、3回と通って頂く場合もあります。ただ、遠方から来て頂く場合もありますので、そのような時は、出来るだけご要望にお応えしています。
歯の裏側は取れますか?
人間と違い、お口を開けたままの状態でじっと保つことが出来ないので、裏側は処置できません。歯石の取れる範囲は個体差により異なりますが、見える範囲、出来る範囲での処置になります。無麻酔のため、ワンちゃんのご機嫌によっても大きく左右される処置だということをご理解ください。